【実機レビュー】SOUNDPEATS Truefree 2 / 高レベルなコスパイヤホン

スポンサーリンク
ガジェット

ども!
まるこ(@marco_touring)です。

今回はSOUNDPEATSの完全ワイヤレスイヤホン『Truefree 2』のレビューになります!
購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

この製品はこんな方にオススメ!初めての完全ワイヤレスイヤホン選びに迷っている
安い価格で質の良い物を探しているが、種類が多くて困っている

スポンサーリンク

SOUNDPEATS Truefree 2 / 概要と仕様

SOUNDPEATSは、2013年に彗星のごとくポータブルオーディオ業界に現れ、スポーツ向けBluetoothイヤホンを中心として低価格帯でのパフォーマンスの良さをウリに、Q-HDシリーズなどを展開。

Amazonやeイヤホンでの口コミが口コミを呼び、低価格帯で安心感のあるオーディオブランドとして広く知られることに。今では世界20か国に市場を持ち、利用者は500万人を超えているほど。

今回のTruefree2は2020年7月に発売された比較的新しいモデルで、前身としてTruefree, Truefree+があり、3作目となります。
前作のTruefree+100万本以上を売り上げたベストセラーとなっており、今回のバージョンアップは各所で注目の的となっています。

  SOUNDPEATS Truefree 2
Bluetoothバージョン / チップ Bluetoorh 5.0 / Realtek8763VHC
対応オーディオコーデック SBC , AAC
再生時間 4時間(本体のみ)
20時間(充電ケース込み)
接続方式 TWS Plus
充電端子 USB TYPE C
重量 本体:5g
ケース:47g
防水性能 IPX7
ノイズキャンセリング ×
外音取り込み機能 ×
価格 3,582円(2020/12/2 Amazon調べ)
ポイント

 

  • 近年成長しているSOUNPEATSブランドの新製品
  • TWS Plusによる接続安定性のほか、IPX7の防水性能を実現
  • ノイズキャンセリング等の追加機能は非対応

開封・同梱物確認

▼シンプルな外箱です。

▼緩衝材としてスポンジ、箱はすべて紙でチープさはありますが、コストを抑える為と考えたら納得できます。

▼充電ケース。プラスチッキーですが、小さく軽くて持ち運ぶには良いですね。

▼背面に充電端子があります。USB TYPE-C採用はありがたいです。

▼開けるとこんな感じ。ケースのバッテリー残量は中のインジケータで確認できます。充電中はイヤホン側のランプが点灯します。

▼イヤーフックを筐体に装着できるタイプ。本体も非常にコンパクトで印象は〇。

▼左右両方の側面に物理ボタンがあります。これ、かなり硬いけど大丈夫かな…?

▼内容物一覧です。イヤーピースはデフォルトがMで、SとMが付属。イヤーフックは装着されているサイズと同じ物が1つ、小さ目の物が左右2つずつあります。短いUSB TYPE Cのケーブルも付属します。

詳細レビュー

音質の評価

各音域の量感としては、中音<高音<低音といった具合のドンシャリ傾向のバランスになっており、特に低音については最近の流行の打ち込み系のベースやドラムの重低音をしっかり鳴らせています!

低音に比べると中音がやや引っ込む印象を受けましたが、安イヤホンにありがちな中音が低音にマスクするという事はなく、普通には聴けるといった感じ。

全体の解像度は同価格帯で考えたら現状では最高水準と言って問題なし!もっと良い音で、と考えると倍以上お金を積む必要が出てくるかと思います。

本体のコンパクトさと引き換えにか音場は狭めで、オーケストラなど聴こえてくる楽器の位置も楽しむような音源は少し苦手な様でした。

利便性の評価

装着感は非常に良好。付属のイヤーフックが耳に合えば多少の運動では全く落ちる心配がないほどでした。また、本体・ケース共に非常にコンパクトかつ軽いので、携帯性も優れています。

接続も安定しており、TWS Plusが機能している状態では電車・街中共に一度も途切れることはありませんでした。

外音の遮音性はあまり高い方ではないですが、もっと値段が高くて遮音性が微妙な機種があることも考えるとまずまずの評価。普段からノイズキャンセリング機能のあるイヤホンを使用している方からすると物足りなく感じる可能性はあります。

一点、厳しいと感じたのは側面の物理ボタンの押し込みの硬さです。
ボタンのクリック回数によって、曲の再生停止や音量調整ができるのですが、イヤホンを耳に着けたままボタンを押すのは正直難しいです。耳に強く押し当てる形になってしまう為、恐らく毎回イヤホンを外して操作することになると思います。
ただ、本体側で操作する気が元々無い方からしたら大したデメリットではないかもしれません。

まとめ:コスパ最高!迷ったら買っておいて間違いない良イヤホン

SOUNDPEATS Truefree 2は総じて高水準でまとまったバランスの良いイヤホンです!
同価格帯でのコスパにおいて右に出る者は、そう多くないでしょう。

ボタンの硬さが唯一のネックですが、それを補って十分な音質と、完全ワイヤレスイヤホンのガジェットとしての便利さをしっかり実現できています。

初めて完全ワイヤレスイヤホンを買う方や、今使っている物に大きな不満がある方などには特におすすめします。

ではでは!

▼商品購入はこちらから

▼サブスク初心者にはAmazonがおすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました