【大型バイク日本一周5日目】北海道上陸!初キャンプ!【フェリー~北海道-苫小牧~支笏湖】

スポンサーリンク
日本一周
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ども!
まるこです。

今日は旅をはじめてから初キャンプと洒落こみますよ。

スポンサーリンク

フェリーよりお送りしております。

日を跨ぎましたが、引き続き船上よりお送りします。
昨日は出発の段階で夜でしたので、再び甲板に出たら大海原を眺めることができました。

f:id:firefox0910:20200814205356j:plain

広角レンズが活きますねー、いやはや良い景色。
どこを見ても水平線が広がっている光景って、陸地にいる限りは基本見ることができないので壮観で気持ちが良いです。
というか、出発してから毎日雨だったので、青空自体が久しぶりでしてね…
気持ち良い!!

再びシャワーを浴びたり部屋でゴロゴロしていたら、船内放送にてもうすぐ着岸とのこと。
甲板に出てみると、目の前に北海道・苫小牧の港が確認できます。
今だに北海道に来たという実感はないものの、気持ちの高ぶりは確かにありました。

f:id:firefox0910:20200814215529j:plain

北海道に憧れていた話

蛇足かもしれませんが、北海道に対する僕の思い入れのお話をここで少し。
(盛大な自分語りなので、スキップ推奨)

僕がバイクに乗り始めたのは高校1年の頃で、高校生の間はずっとSUZUKIのレッツ2という2ストローク50ccの原付に乗っていました。
中型バイクに乗りたいなんてことは当時は考えていなかったと記憶していますが、
高校3年の受験の時期に、とある動画をYouTubeで観ることになります。

Touring Report 2011

映像、音楽が相まってすごく感動したのを覚えていますし、今でも定期的に観るくらいに大好きな動画です。
この動画を見て、バイクってなんて夢のある乗り物なんだ!作中のこの道って日本のどこにあるの!?なんて思いながら色々調べていく内に、どうやら北海道の道路は大自然が広がっていて、バイク乗りの聖地にもなってるらしい…、え、このバイクめっちゃかっこいい…
気が付いたらすっかり虜になってました。

無事に大学進学が決まり、すぐに合宿免許に申し込み、免許取得。
大学1年の夏にCBR250Rに跨りました。
でも、貧乏学生にはバイクを維持するので精一杯、サークルにも入っていたので金銭的余裕がありませんでした。
今考えたら、この時期は時々のツーリングで満足してしまっていた面があったと思います。

そしてヘタレ男は北海道に対する漠然とした憧れを抱いたまま社会人に。バイクに乗る余裕すらない日々を過ごしていました。

長くなってしまいましたが、僕にとってバイクで北海道を走ることは、バイクに乗り出す決断をした一番大きな目的でもあり、小さな夢の実現なんです。というお話でした。

いざ、試される大地へ

船内アナウンスに従い、順次下船していきます。
そして…

北海道上陸!!
うおー!でも、実感ないぞ!!

それもそのはずで苫小牧周辺はそこそこ栄えていて、
メインストリート周りは本州となんら違いは無いんですよね。
違う所といえば、ナンバーくらいです。

フェリーから降りた段階でお昼過ぎ、かなりお腹が空いていたのでまずは腹ごしらえ。
パパっと検索して「らーめん 縄文」さんへ行きました。

f:id:firefox0910:20200814215535j:plain

気分で塩ラーメンを注文。

うん、美味しい!
驚きとかは特になく、無難に普通に美味しいです。
後で知りましたが、お店の売りは味噌ラーメンだったみたい。
もし次に来ることがあれば味噌を食べてみよう。

お腹も満たせ、時刻は3時ごろ。
初日から夜道を走ったりは避けたい。早めに宿を押さえます。
今日明日と晴れる予報で、せっかくなのでほど近くの支笏湖の湖畔にてキャンプをすることに。

「夕食その他の買い出し」のため、北海道にて初セコマ!
美味しいと噂のパスタやカツゲンなどを横目に飲み物とタバコを購入しました。
あれ…?

f:id:firefox0910:20200814215540j:plain

北海道に来る前、実は茨城でもセイコーマートを見ました。
聞くところによると、本州にもちらほらと点在しているらしいですね。新しい発見。

初キャンプ、湖畔散歩

1時間弱走り、キャンプ場へ到着。支笏湖モラップキャンプ場。

キャンプ場 | 休暇村支笏湖【公式】

金曜日だからか利用客は他にも結構いて、湖のキワには設営できなさそうで少し残念。
お互いの事を考えてファミリーキャンパーから少し距離を置いて設営。

f:id:firefox0910:20200814215516j:plain

旅中、初キャンプ初設営。
砂利のサイトに設営する時はサイドバッグを置く用のレジャーシート的な物が欲しいかな。
キャンプ関連一式はサイドバッグに入れているので、撤収の事も考えると近くに置いておきたい。
欲を言えばタープも欲しいけど、さすがに荷物的にNGかな…
それ以外は特に不満点はなし。正直食をとり、安く寝られればそれで良いので。

既に何回か使っていますが、やっぱりヘリノックスのチェアゼロは最高ですね。
長時間座っても疲れないし、深く座っても全く問題なし(体重約60kg)、これで軽くてコンパクトになるので価格分の価値は充分にあるかな。

思ったよりも早く設営まで終わり、時間があるので湖畔を散歩。
f:id:firefox0910:20200814205413j:plain

f:id:firefox0910:20200814221945j:plain

涼しくて平和で良いなぁ…
虫はちょっと多いかな。虫苦手だから頑張らなきゃなぁ。

盛大なアホっぷりを披露

そして夜が更けてきて、暗くなった頃に大事なことに気づく…
「あれ、飯は?」
思い出してほしい、わざわざセコマに買い出しに行ったはずなのに、買ったのは水とタバコ。
商品ラインナップを見て満足して退散するというアホっぷり…

かなりの空腹でしたが、安全の為に夜間走行はできる限り避けたい+最寄りのコンビニまで1時間かかるので、この日の夕食は抜くことにしました。
いや~、北海道、試してきますね(関係ない)

ちなみにこの日はシャワーも抜きです。
近くの旅館の日帰り入浴をアテにしていたのですが、余裕で時間を過ぎてました。
計画性、なし!

初キャンプは全然寝付けなかった話

お腹は減ったし、身体はベタベタだしで不快感この上無かったので、22時頃には寝る体制に入ったのですが、周りのキャンパーが音楽をかけていたり、子供が叫んで騒いでいたり、犬が吠えていたりして全然寝付けませんでした…

うーん、あまりキャンプの経験は多くないですが、キャンパーの民度ってこんな感じなんですかね…?
18時とかならまだしも22時になってもドンチャン騒いでいるのはかなり困りました。
ただ、北海道だと熊なんかも怖いので、あまり辺鄙な立地のキャンプ場を使うのは避けたいので、こういった整備されたキャンプ場を使うつもりなんですよね。

まぁ四の五の言ってられる立場でもないので、人の集まる所に行くという所である程度は妥協するしかないかな。
なんてことを寝付けないまま考えていたと思います。

明日からも頑張ろう。

ではでは


[旅費]

★小計:2519円
宿:1000円
ガス:611円
観光:0円
ほか:908円

まるこ

ブログを再開、挑戦中。
旅、ガジェット、ゲーム等好きな事で、誰かの役に立てるような記事を書いていく事が目標です。

2020年に都内のIT企業を退職ののち日本一周に挑戦し、
コロナ罹患なく無事に東日本一周は完了。
現在は諸事情により停滞中。

まるこをフォローする
日本一周
スポンサーリンク
まるこをフォローする
まるこブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました